アロマテラピー検定とは何か?アロマテラピー検定に合格するにはどうしたら良いか?実際の挑戦をブログで紹介します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アロマテラピー検定試験の程度と内容
アロマテラピー検定試験の程度と内容について書きます。

今回私がもらってきた「第13回アロマテラピー検定受験要項」より。

-------------------------------------------------------------

※試験は選択解答式です。

【2級(今回、私が受験するのはこちら)】
アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問います。

・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
・アロマテラピー利用法
・安全のための注意
・精油のプロフィール(対象10種類)
・精油の基礎知識
・アロマテラピーの歴史
など、出題数38問。


【1級】
2級の内容に加え、アロマテラピーを家族や周囲の人々とともに楽しみ、
健康維持のために用いる知識を問います。

・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
・アロマテラピー利用法と機材
・精油のプロフィール(対象20種類)
・精油が働くしくみ
・ストレスや疲労に負けない健康学
・アロマテラピーに関係する法律
など、出題数48問。


【合格率と合格基準】
・アロマテラピー検定の合格率は、2級、1級ともに約90%です。
・合格基準は2級、1級ともに正答率80%です。


なお、詳細については、
社団法人日本アロマ環境協会サイトで確認できます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© アロマテラピー検定を受験するぞ。. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。